タグ「まぎらわしい呼び名」が付けられているもの

保険 基礎用語 まぎらわしい呼び名

07.jpg一般的な保険契約は、夫が保険に入り、妻を受取人にするケース。この場合、夫が保険の対象人となるので被保険者と呼ばれ、保険料も払っている契約者となる。そして被保険者である夫が死亡すれば、妻が保険金を受け取る受取人となる。

被保険者の病気や入院したとき、満期などでもらえるお金は、給付金や年金と呼ばれ、受け取るのは夫である自分である。

勘違いしないで欲しいのは、被保険者と契約者が同じである必要がないこと。被保険者が夫でも妻が保険料を払う契約者になって保険金を受け取る受取人になることも可能。

この場合注意したいのは税金が変わること。

詳しくは保険の専門家に相談した方がいい>>

1