タグ「人身傷害」が付けられているもの

自動車保険の基礎は、対人賠償、対物賠償、人身傷害、搭乗者傷害

carkiso.jpg自動車保険はゴルファー保険や介護費用など特約が多くて非常にわかりにくい保険。しかし、自動車保険は車両保険を除けば、対人賠償対物賠償人身傷害搭乗者傷害の4つ。

自動車保険は本来、被害者を救済するためのもので、不運にも事故を起こして、相手の身体や車に損害を与えたら、加害者はその損害を補う必要があります。最近は、死亡事故で1億円以上の損害賠償を請求されることも珍しくありません。同じく対物も、電車を巻き込んだ事故や、荷物を積んだトラックが対象になると賠償額も高額になります。

そのため、生命や財産などを賠償金を補償する対人・対物賠償の保険金額は無制限にすることが主流になっています。

人身傷害や搭乗者傷害はともに、自分や搭乗者が死傷した場合に支払われる保険。人身傷害と搭乗者傷害の違いは、人身傷害は、実際に払った費用が支払われるのに対し、搭乗者傷害は、事前に決められた保険金額しか支払われない点が違う。

【無料】自動車保険一括見積りはこちら>>

1