タグ「難易度」が付けられているもの

1級建築士の難易度

005.jpg1級建築士の合格率は10%を切るようです。2級建築士でも20%前後と年を追うごとに難しくなっているのが現実です。姉歯事件の影響で建築士の資格が厳しくなったのは皆さんもご存じだと思います。

建築士試験で実務経験とありますが、実は事務所登録が必要なのかというとそうではありません。資格試験を受けるまでに必要な実務経験年数の間どのような建築に関わったかを問われますので事務所に登録する必要はなくて受験申請時でも確認されることがありません。

そして実務経験には、大学・研究所・工業高校等での建築に関する研究、教育も含まれるとあるのですが、この研究、教育とは基本的には大学教官や工業高校の教師を行った期間になるので学生は対象外ということになります。

1級建築士受験は1次試験の学科を合格しないと2次試験の製図に進むことができません。しかし2次試験の製図は一度落ちても2度目に合格すれば1級建築士の資格を取得することができます。でも2度目が落ちるとまた振り出しの1次試験から受験し直さないと駄目になります。

1